スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は、君のためにこそ死ににいく

君のためにこそ死ににいく
控えめに言うものだ。東映は最低でも10億円以上の損をしていると思われる。ご愁傷様。ネット検索に関して言うと「俺は、君のためにこそ死ににいく」でまず検索した後、「俺は、君のためにこそ死ににいく(続きを読む)



【DVDナビ】「俺は、君のためにこそ死ににいく」
ZAKZAK
太平洋戦争末期、鹿児島・知覧で食堂を営み、“特攻の母”と呼ばれた鳥濱トメさんと特攻隊員の交流を描く。原作・脚本、製作総指揮は石原慎太郎、新城卓監督。 隊員に慕われるトメ(岸恵子)は、ある日検閲を通さずに預かった手紙を出そうとし、憲兵に連行される。 ...(続きを読む)





スポンサーサイト

<< 亀田 手紙 | ホーム | 平松邦夫 市長選 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。